ミャンマー新型コロナ感染症情報(5月6日)

感染症対策本部が新型コロナウイルス感染症対策に関する命令の有効期限を5月15日まで延長したことに伴い、電力エネルギー省も5月1日かr15日までの家庭用電力料金を75kW/hまで免除すると発表した。

4月には、新型コロナウイルス感染症対策の一環として4月分の電力料金を150kW/hまで免除する措置を取っていた。規定電力使用量を超えた場合は、従前の電力使用量に応じた電気料金を納付することになる。

5月6日には新規陽性患者は確認されなかったが、アウンサンスーチー氏はヤンゴンでは外出する人が増えていることをFacebook上で批判的に言及し、国民に「我慢」を要求している。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です