ミャンマー新型コロナ感染症情報(5月7日)

新規陽性患者15名

昨日は午前中に1名の陽性患者の報告があり、その後さらに14名の陽性患者が夜に報告されました。その多くが先日確認されたインセイン区に住む患者の同居家族とのことです。15日の期限の1週間前にミャンマーでは多いと言わざるを得ない数の陽性患者が確認されたことで、この期限も再延長される可能性が高くなってきましたね。

4回目の融資実施(35億4660万Ks)

本日の朝刊には、政府が用意した1000億チャットの緊急融資基金から4回目の融資が実施されたと報告されていました。今回の融資額は、35億4660万チャットでした。

布マスク大会!開催

昨日アウンサンスーチー氏がFacebook上で布マスク大会を開催したらどうかと考えていると発言していましたが、それが実施されるようです。今月の13日から15日までの間に、スーチー氏の投稿のコメント欄に布マスクの写真をアップして、いいねの数で競うようです。

タイからの労働者帰国は6月から本格化か?

タイでの緊急事態宣言の延長により、ターク県での移動が制限されているため、タイからのミャンマー出稼ぎ労働者の帰国は6月以降に本格化するという報道がありました。6月以降も、海外からの帰国者は3週間の施設隔離、1週間の自宅待機となると、ミャンマーへの渡航が許可される時期もさらに遅くなりそうです。

在日本ミャンマー大使館5月末まで休館

在日本ミャンマー大使館も日本での緊急事態宣言の延長に伴い、5月末まで休館するようですので、ミャンマービザの発給の申請も、6月以降にお預けとなります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です