ミャンマー新型コロナ感染症情報(5月18日)

レストラン再開に際しての遵守事項発表

保健スポーツ省は、レストラン再開に際しての遵守事項を発表した。これによると店側は来店客の体温チェックをしなければならない他、マスク、フェイスシート、手袋、そしてエプロンの着用して接客しなければならない。またこの指針では来店客が守らなければならない事項も列挙されている。それによると来店客も、マスクの他、「フェイスシールド」を着用して入店しないといけない!現在、この遵守事項の翻訳作業を進めています。今日中に発表できる予定ですので、是非チェックしてください。

マンダレー:ホテル再開基準に沿って審査

マンダレー地域政府は、3月以降閉鎖しているホテルの再開準備として、ホテル等の感染症対応審査の独自の基準を作成し、基準に合格したホテルから再開させる方向で準備を進めていると朝刊が報じていた。審査事項は50項目にも上るという。余談:マンダレー地域暫定首相は、ヤンゴン地域首相と比べても、やり手ですね。総選挙後の政界で誰が台頭するのか。ポストスーチー後に誰が指導力を高めていくのかというしてんから、コロナ対応を見ていくのも面白いかもしれません。

新規感染者4名(全員マレーシアからの帰国者)

マレーシアからの帰国者から陽性患者が4名確認されました。これで合計5名が感染していたことになります。地域・州もことなる4か所の隔離施設で陽性が確認されたので、マレーシアで感染して、隔離中に陽性反応が出たとみるべきなのか、帰国後の対応に問題があったのか。どうしても疑いたくなってしまいます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です