ミャンマー新型コロナ感染症情報(5月30日)

政府機関は、6月1日から通常勤務へ

国家最高顧問府報道官は、オンライン記者会見を開催して、6月1日から政府機関は通常勤務体制に戻ることを発表した。3月末から政府機関は、新型コロナウイルス感染症対策の一環として政府職員の半数が出勤して、半数が自宅待機と言う勤務体制で業務を実施していた。

低所得者向けの支援第2弾

また、報道官は記者からの質問に答えて、低所得者向けの支援策を準備していることに言及した。支援対象は400万人程度に上るが、現在その名簿を作成中とのことである。

新規陽性感染17名(全員海外帰国者)

17名が新型コロナウイルスに感染していることが判明したが、全員がインドからの帰国者であった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です